SWX AS簡易ヘルプ

SWX()

コンストラクタ

prop _swx.testGateway

String FlashIDE上で実行しているときに参照するテスト用Gateway指定

prop _swx.gateway

String Gateway指定(URL)

prop _swx.encoding

String SWX.POST(get) or SWX.GET(get)

prop _swx.debug

Boolean デバッグを許可するかどうか

prop _swx.timeout

Number タイムアウトタイム 単位は秒でデフォルトは30秒

prop _swx.result

Object 結果が正常に返って来たときに呼び出されるHandlerの設定。resultHandler.obj(ターゲット)とresultHandler.fn(呼び出す関数)

prop _swf.progress

Object 通信データが受信されるたびに呼び出されるHandlerの設定 progressHandler.objとprogressHander.fnを設定する※イベントハンドラの設定は、例えば、_swx.result = {this,Function}となる

method _swx.call(p:Object):Void

リモートメソッドの呼び出し、引数のオブジェクトは
{serviceClass:String,//呼び出すリモートクラス
method:Strign,//リモートクラスのメソッド
args:Array,//リモートクラスへの引数
result:[Object, Function],//イベントハンドラ:結果が正常に返ってきた時
progress:[Object, Function],//イベントハンドラ設定:通信データ受信時
timeout:Number,//タイムアウト秒
fault:[Object, Function],//イベントハンドラ設定:通信失敗など
debug:Boolean //デバッグ可/不可
}

method _swx.cancelAllCalls():Void

全てのSWXによるデータCallをキャンセル

method _swx.echo(msg:String):Void

デバッグ可能なときにtraceを行う

static method SWX.prepare(MovieClip)

argsに設定した値をJSON形式に変換する

static method SWX.objectToJson(Object)

JSON形式に変換する

戻る