Design Support for Nucleus (MX2004 over)

DreamweaverでNucleusのスキンを制作する人向けのDreamweaver機能拡張(エクステンション)です。

コードビューでの Nucleus独特のスキン・テンプレート変数の補完や、デザインビューでphpコードのような形でスキン変数やテンプレート変数の埋め込み箇所を表示が できるようになります。なお、こちらはDeamweaver MX 2004以降向けです(MXの方はCode Hints for Nucleus、それ以前の方は利用しないでください)

実装済み機能

コードヒント :

Nucleusのスキンで標準的に利用できるスキン変数<%blog%>などを補完(HTMLとDreamweaverテンプレートに対応。対応ドキュメントタイプ追加の要望も受付中)

デザインビュー :

Nucleusの変数をすべて「nu」というアイコンで表示

デザインビュー :

プロパティインスペクターでスキン・テンプレート変数をチェック・変更可能

リファレンス :

Nucleusの管理用ヘルプをDreamweaverのリファレンスブック形式に変換して使えるように。コードビューでNucleus変数をクリックし、Shift+F1または、右クリックでリファレンスをリファレンスを選択すると、その変数の説明を表示できます。

スキン・テンプレートの構造確認:

skinbackup.xmlからHTML化できます。

動作環境と使用上の注意

動作環境

Dreamweaver MX 2004(Windows/Macintosh)以降でご利用ください。最新の動作チェックはDreamweaver CS3で行っています。

MXの方は、同時にverUPしているCode Hints for Nucleusをご利用下さい。

Dreamweaver MX 2004以降を持っていないけれど、Extensionを試してみたい方は、とりあえずトライアル版(2008年6月中はAdobe社の事情でダウンロードできません)を入れてからExtensionをダウンロードして下さい。

CodeHints for Nucluesをお使いの方へ

インストールする前CodeHints for Nucleusをアンインストールして下さい。実際のところ、影響はきわめて小さいです。(Dreamweaverが内部で処理しているらしい)

Design Support for Nulceus 1.0.1以前をご利用の方へ

1.0.2を入れる前に、バックアップを取っておけば、現在のリファレンスを、新機能「リファレンスのリストア」で呼び出すことができます。ただし、今回のリファレンスならば、コードビューからリファレンスが引けます

Design Support for Nucleus ダウンロード

Design Support for Nucleus1.0.3[2005/10/14 16:35up] Design Support for Nucleus1.0.3[2005/10/14 16:35up] (25.1 kB)

Design Support for Nucleus (MX2004 over)へのコメント

*
*
5 と 8 を加算してください。
*

戻る